大手のバス会社

京王電鉄バス

京王電鉄バスに関しても、路線バス、高速夜行バス等の各種サービスを並行して提供しています。
 京王電鉄としての基盤は、都内のローカル鉄道路線の拡充と並行して、路線バスも都内の鉄道網の範囲で運行されてきました。
 もともと強い基盤で運用されていた昭和以前の路線バス事業は途切れ途切れで、戦時下を挟んで戦後も、周囲の会社等の吸収を繰り返す大企業の強味を生かして、様々な事業を運営してきます。

 鉄道路線事業と分け隔てる意味で、1997年に、京王電鉄バスとして開設された現在の経営は現時点で、はっきり京王電鉄とは切り離されて、独立してしっかり運用されていることと、路線バス、高速バスを含めて、多種多様なバス路線運航業務では強い経営姿勢を維持発展させています。

公式HP⇒⇒⇒http://www.keio-bus.com/ 

各種営業所

 京王バス東…京王バスとして、京王電鉄より切り離された最初の設立会社です。杉並区、調布市、渋谷区、新宿区、三鷹市でコミュニティバスの運行を受託しています。

 京王バス南…多摩ニュータウンの南大沢築中心とした旅客サービスの向上目的での開設は2001年に営業が開始されています。

 京王バス中央…府中地区の管轄とした子会社として2003年に設立されました。府中営業所のみでの構成となっているのが特長です。コミュニティバスのちゅうバスとして府中市、ぶんバスとして国分寺地域の運行も担当しています。

その他…京王バス小金井などは2004年に設立されました。

まとめ

 全てに言えることではないのですが、鉄道会社としての機能面での強力なバックグラウンドから路線バス、高速バスなどの経営がスタートしているタイプのバス会社をとりあえず二社ご紹介して参りました。
 
良く見てみると、鉄道=バス輸送と時代とともに、市民のニーズに合わせる形で、経営手法を拡張している形式では、関東地区に限ったことではなく、全国的に傾向として、鉄道網=バス路線の整備と関連性の強い事が理解できるということに経営する側の柔軟な姿勢なくしては新しい時代のスタイルは定着していかないといった教訓に繋がっていると感じました。


Sorry, Comments are closed.